« 逃亡くそたわけ | トップページ | 夢を与える »

さくら

さくら(西 加奈子著)



3年前に家を出た父から届いた「正月には帰ります」という手紙。
長谷川家の次男 薫は予定を変更して帰省する。
犬のさくらに会うために。
長谷川家はお父さん、お母さん、優しいお兄ちゃん、僕、妹のミキの5人家族。
お父さんは若くしてマイホームを購入し、家族は幸せにすごす。
そこにやってきた「さくら」。
幸せな家庭は、お兄ちゃんが事故にあうことで一変する。
ところどころに、布石はあって、幸せから絶望感まで急降下するところはページを進める手も加速した。
最終的に「さくら」がバラバラになった家族をまとめ、乗り越えさせてしまう。
ちなみにワタシはそんなに犬が好きではない。
犬好きならもうちょっと違う感じの読み終わりなんだと思うけど、面白かったけど、犬かよって思っちゃった。

|

« 逃亡くそたわけ | トップページ | 夢を与える »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149776/54520475

この記事へのトラックバック一覧です: さくら:

« 逃亡くそたわけ | トップページ | 夢を与える »